さかなクンは高校時代、実はイケメンだった!?サックスの腕前が上手すぎると話題に!

魚のことならなんでも知っているさかなクン。

大学教授になったり、サックスが吹けたり・・・多方面での活躍を見せています。

実はそれだけではなく、ファンの間では実はイケメンだったと話題に・・・

あのCMにまさかの出演

2016年の「氷結」のCMで東京スカパラダイスオーケストラとコラボしたさかなクンのサックス演奏が上手いと話題になっています。

「なかなかうまい! 初心者だとしたら3、4年はかかるだろう。バスサックスはかなり重く、クビにかかる負担も大きい。あまり大きな動きはしない方が音の安定感はいい。明るく楽しく、丁寧な仕事ぶりだと感じました」サックス奏者のMALTA氏
出典: news.livedoor.com

「当初からレベルが高かったです。バスサックスはさかなクン自前のもの。1週間ほど毎日数時間の練習と、何度か一緒にセッションをして、撮影の際には見事に演奏されていました」CM制作スタッフ
出典: news.livedoor.com

実際の演奏の動画はこちら

さかなクンの帽子は海外でも有名

アメリカでは有名なラッパーのスヌープ・ドグさんもさかなクンの帽子をかぶったこともある。

Who’s that dippin’ into “Letterman” in a silly hat? Snoop Dogg! The Doggfather brought some humor to the streets of Manhattan with his colorful “Sakana-kun” headwear, purple adidas track pants, and house shoes while visiting the Ed Sullivan Theater for a taping of “The Late Show.”

(和訳)スヌープ・ドグは、マンハッタンの街角に、カラフルな「さかなクン」帽子、紫色のアディダス・トラック・パンツ、そしてハウス・シューズを履いて、「The Late Show」のテーピングのためにエド・サリバン劇場を訪れた。
出典: www.rap-up.com

実際の映像はこちら

高校時代は吹奏楽部

サックスがうまくなったのは、中学の時に吹奏楽部に入部したことがきっかけでした。
ただ、吹奏楽部を水槽学部と勘違いしての入部だったらしいです。

NewImage
出典: writerzlab.com

NewImage
出典: rocketnews24.com

この写真を見てファンたちは、

「きゃわわわわわ(*♡o♡*)」
「ぎょぎょぎょ~!!超可愛くてカッコイイ!!」
「美少年。ぎょぎょだよ。」
「女の子みたいだ!(*´ー`*)」
「絵の様な写真!」
「目がとってもきれいな美少年!」
「かわいいっ!今も素敵やけどほんま天使やわ~♡」

と驚きを隠せないようです。

心もイケメンな「さかなクン」

さかなクンは、朝日新聞の「いじめられている君へ」という連載記事に、こんな文を寄せています。

いじめられている君へ 「広い海へ出てみよう」

「中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。」
(朝日新聞2006年12月2日掲載)

さかなクンのいじめの思いから心を洗われた人たちも多そうです。

今後も、さかなクンの活躍に期待したいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る