谷原章介の子供の小学校が意外だと話題に!?自宅は深沢の超豪邸との噂は本当か!?!?

俳優・タレント・司会と多彩に仕事をこなす一方で、イクメンっぷりも話題になる谷原章介さん。

多くの芸能人が子供を有名私立に通わせる中、谷原章介さんの子供の小学校が意外だったと話題になっています。

自宅は超豪邸との噂もあり、実際のところどうなのかと気になったので調べてみました。

自宅は超豪邸!?

まずは、噂から・・・

人気の地域ですし、敷地が約220坪と、普通の家が3、4件は建つ広さですから、土地だけで4億円はするのでは?
上もの次第ですが、大きさからいっても5億~6億円する豪邸になるのではないでしょうか(不動産関係者)
出典: 週刊女性

推定6億円と言われる大豪邸です。
それまで一人暮らしだった実父も呼び寄せ、計9人で暮らしている。
子供部屋は大きいのが一つで、将来的にはその部屋を分割していけるようになっているのだとか(芸能記者)
出典: 週刊文春

場所は世田谷区深沢、220坪の超豪邸の噂は、どうやら真実のようです。
実際の自宅と思われる画像はこちら。

Yjimage17
出典: http://芸能人の自宅住所場所特集.com

噂から考えると、間取りも子供の成長に合わせて変えていけるようになっていたり、こだわりを感じます。9人の大家族になっているのですが、どういう家族構成なのでしょうか?

三男三女の大家族

谷原章介さんは2007年3月に元タレントの三宅えみさんと結婚。
結婚時点で、三宅えみさんには、一人の連れ子(男の子)がいました。

その後、

2007年10月に長女が誕生
2009年4月に次女
2010年10月に次男
2012年2月に三男
2015年4月には三女

と2017年現在、三男三女の6人の父親になっています。

2015年5月5日には、横浜市立野毛山動物園に子連れで遊びにきているのを目撃されています。

“子だくさん”とは聞いていましたが、男の子3人と女の子2人を連れて歩く谷原さんの姿は、連休で混雑していた動物園のなかでも、すごく目立っていましたよ。眼鏡をかけていましたが、あの長身ですし、すぐにわかりました(動物園に遊びに来ていた女性客)
出典: jisin.jp/

ただでさえ、多忙なはずなのに、ゴールデンウィークの中、家族サービスしているところがイクメンといわれる理由ですね。
そんな家族愛溢れる谷原さんの子供の通う小学校が、意外にも公立だという噂があります。

小学校は意外にも公立!?

都内に住む芸能人の多くは、セキュリティの高い私立に子供を入学させることが人気。
そんな中、谷原さんは2016年の4月に次女の入学式に現れました。
意外にも、私立ではなく公立の小学校だそうです。

108306 2
出典: jisin.jp

どうして公立なのでしょうか?
三男三女ともなると、経済的な理由なのでしょうか?

谷原さんの経済事情・・・

子供が小学校から大学まで全て私立に通った場合、学費だけで1人あたり2500万円かかると言われています。実際に、世田谷区近辺での有名私立学校の成城学園初等学校の学費を調べてみると、

入学金 30万円
学費 89万円

なので、小学校6年間で約564万円かかります。
さらに、中学・高校(約630万円)、私立大学(約700万円)・・・

他にも塾や課外活動や、その他諸経費を考えると、確かに2500万円ぐらいかかりそうです。
仮に、子供が6人とも私学に通ったとすると、学費だけで1億5千万円かかります。

一方で、収入の方は・・・

「『ブランチ』と『アタック25』の司会が1回につき約100万円としても年間50週あるので、ざっと5千万円が2番組で計1億円です。CMは消費者金融の『プロミス』やスーツの『はるやま』など3社に出ており、1社につき2千5百~3千万円。3社合計で8~9千万円。
ドラマは主演を務めた前クールの『警部補・杉山真太郎』(TBS系)が1話につき約200万円ですから全11話で2千万円強。合計で2億円近い年収になります」(芸能記者)
出典: 週刊文春

ということなので年収は2億円。
手取りは1億円ぐらいだすると、子供の学費は払えない金額ではありません。

しかし、

「特に、この職業は先の保証もありません。
もし明日、仕事がなくなったら、子供たちはどうなるのかと考えたら怖いですよ」(谷原章介)
週刊現代15年1月31日号

のような慎重な姿勢を見せる場面も。

経済的な理由以外で考えられるところは・・・

次女の入学式の時に持っていた紫色の布バッグは、パパ・谷原の手作りだそうです。
他にも、バッグやランチョマットも手作りで、それについては

「買ってきたものでは、個人的ではなく平均的な思い出になってしまう。それでは寂しいから」
出典: スポーツニッポン4月5日付

とのこと。
お金で解決するところと、そうでないことの区別にこだわりがありそうですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る