産後の体重が減らない? 産後の食事が美味しい理由

産後、体重もなかなか戻らない・・・のに、なんだかどんどん食欲が出てきたという話をよく聞きます。今回は、なぜ、そうなるかの原因を探ってみました。

3つの理由

産後直後は、食欲がない人でも、1ヶ月ぐらい立つと、どんどん食欲が出てくる人が多いようです。
これの原因となりうるものを3つあげてみました。

母乳

乳児は1日に600 kcal必要と言われています。
成人女性の1日に必要なカロリーの1/3に当たります。
これを全て母乳で与えるとすると、体がその分の栄養を蓄えようとします。
これはお腹が減って当然ですね。

出典: www.mhlw.go.jp

睡眠不足が招く食欲増加!?

新生児の生活リズムは、90分おきに寝て起きてを繰り返します。
母親は、自分のペースで眠れないために、睡眠不足になるケースがほとんどです。

しかし、この睡眠不足は、「味の濃いもの、甘いもの」が食べたくなることを誘発するのです。

医学実験で、睡眠時間を4.5時間に制限した状態で、食欲がどう変化していくかを観察するという実験をしたところ、いわゆるジャンクフードやお菓子の摂取量が増加するという結果が出ました。

eCBシステムの活性化が睡眠負債の状態で過度の食物摂取に関与し、不十分な睡眠に伴う肥満の危険性の増加に寄与することを示唆している。

出典:
Source: Hanlon EC, Tasali E, Leproult R, Stuhr KL, Doncheck E, de Wit H, Hillard CJ, Van Cauter E. Sleep restriction enhances the daily rhythm of circulating levels of endocannabinoid 2-arachidonoylglycerol. SLEEP. 2016.

心の変化

今までは、なんとなく異性の目を気にしていて「おしゃれ」をしていた人は、出産で心のリミッタが外れて、「おしゃれ」を気にしなくなる人もいるそうです。

これは、一人の女性という生き方から、母親という生き方に「考え方」がシフトすることが関係しているとも言われています。

今まで「太るかも」と思いながらの食事から、「母親として頑張らなきゃ」と思いながら食事になることで、美味しく感じることがあるかもしれませんね。

ある調査では、「妊娠前の容姿に戻るか気になる」人が、妊娠中は50%だったのに対し、、出産後7ヶ月目では20%前後になるまで下がるという結果があります。

出典: 妊娠末期から産後2年間の女性の心理・社会的状態

まとめ

このように、必要なエネルギーの面、睡眠不足、心境の変化と、産後に食事量が増えるのには科学的な根拠がありそうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る