テレビが子供に与える影響は? ゲームの時間はどう決める?

親だったら子供のテレビ・ゲームの方針は気になりますよね。
また、子供が大きくなってくると友達関係の都合上、全くさせないのも勇気がいります。

一方で、テレビばかり見てると頭が悪くなる・・・ゲームばかりしていると暴力的になる・・・などとの噂もあります。

実際のところどうなのでしょうか?

子供への影響について

まず、大きく2つ調査して見ました。

1. テレビやゲームをすると学力が低下するのか?
2. テレビやゲームをすると子供が攻撃的になったりするのか?

テレビやゲームをすると学力が低下するの?

実はこれに関しては、日本でも海外でも、かなり研究が進められておりまして、

「(適量であれば)テレビやゲームをしても学力が低下したりはしない。」

という結果が出ています。

むしろ、場合によってはゲームをすることで、学力・忍耐力・マルチタスク(同時に複数のことをやれる能力)が鍛えられるという研究もあるそうです。出典: www.rieti.go.jp

テレビやゲームをすると子供が攻撃的になるの?

子供が絡む大きな事件が起きるたびに、「ゲームが子供を暴力にかきたてた」的な報道を目にすることが、よくあります。

ですが、これについても

「(適量であれば)さほど、影響がない」

という研究結果が出ています。
むしろ、競争心を芽生えさせる結果になっているようです。

出典: The Effect of Video Game Competition and Violence on Aggressive Behavior: Which Characteristic Has the Greatest Influence?

出典: research.cesa.or.jp

ポイントは適量

ただし、注意深く読んでいる人はわかると思いますが、どちらの研究結果も「適量であれば」という注釈がついていることに気づいたと思います。

これらの研究では、一日に約1時間程度であれば、ほとんど差がないとしているのです。
もちろん、度を過ぎてのめり込んでしまうと、何がしか悪影響が出てきそうです。

出典: Grand Theft Childhood: The Surprising Truth About Violent Video Games and What Parents Can Do

ただ、ゲームには中毒性があるという研究もあり、こちらも気になる内容です。

出典: Online video game addiction: identification of addicted adolescent gamers.

まとめ

いかがだったでしょうか? ここで一旦まとめておきます。

・適量であれば、学力は上がる。
・適量であれば、暴力的になったりはしない。
・ただし、中毒性があるかもしれないので、1日に1時間程度にとどめる。

ゲーム時間を決める際の参考にしてもらえればと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る