子供のお小遣いはいつから?金銭感覚を育てる方法

子供がいつか経済的な自立を果たすためにも、お金について教えてあげる必要があります。
子供が、お金に振り回される人生ではなく、お金を正しく使い管理できるようになるために、調べた結果をまとめてみました。

お金の歴史

みなさん、お金の歴史はご存知でしょうか?
なんとなく、物々交換が起源だと思ってはいないでしょうか?

昔、人々は物々交換をしていた。
しかし、物々交換は、ちょうどよいタイミングに物を用意できない時があった。
そのとき、人々は物の代わりに石や貝殻を使った。
これがお金の始まりである。

実は、この説については、あまり信憑性がなく最近では違う説が出てきているのです。

お金の起源は信用

最近の研究では、「お金の起源は『貸し借り』だった」という説が出てきました。

誰かに何かをしてあげたときに、証拠として形に残す。
後日、自分が何かしてほしいことがある時に、その証拠を渡し、自分がそれをしてもらうにふさわしいことを示す。
この証拠の交換こそが、お金の始まりである。

人々が協力して生きていくにあたって、「貸し借り」のきちんとした管理は、必要不可欠だったのだと思います。

家庭という小さな経済

例えば、子供と親が小さな経済を作ることを考えてみましょう。

子供が、親の役にたつことをする。
親は、「役に立った。ありがとう」という証拠を形に残す。
子供は、この証拠を使って、自分のためにしてほしいことを親と交換する。
親は、子供からの「ありがとう」を証拠として形に残す。

これが、一番小さな家庭内経済です。こうやって、「ありがとう」を形にしてやりとりする、その形こそお金なのです。子供が成長し、他人と「ありがとう」を交換できるように立っとき、経済的に自立するのです。

何がお金に変えられるのでしょうか?

お金に変えられるを考えてみましょう。

まず第一に労働。これは、例えばお手伝いなど、労働を通して得られる「ありがとう」。
次に投資。これは、もらったお金を増やして返すことで得られる「ありがとう」。
他にも、貿易(色々な人との交換)や、情報(スーパーのお買い得情報を調べる)など、いろいろなことを思いつくはずです。

金銭感覚

自分が生み出せる「ありがとう」の量を超えたお金の使い方・・・これがよくない金銭感覚なのだと思います。

例えば、「果たすつもりのない約束」、「自分がいくら稼げるかわかってないままする借金」など、よくない金銭感覚があります。

自分の力量の範囲内で、お金の量を管理できる能力こそが優れた金銭感覚だと思います。

何歳から?

読むことと、数えることができたら、もう始めていいと思います。
早ければ4歳ぐらいからでもできると思います。

家庭内通貨

ただ、現実に考えると何円あげればいいの?となってしまうと思います。
そして市場に目を向けると、子供を中毒にさせるような誘惑のあるもの(お菓子など)はなぜか安いのです。これは大人向けの値段設定になっているからです。

例えば絵本や質のよいオモチャなどは大人が買うこと前提になっているので、数千円します。
逆に、質の悪いオモチャや、お菓子などは数百円で買えてしまいます。

これだと、せっかくお小遣いをあげても、ただただ消費するだけになってしまいます。

そこで家庭内通貨を導入しましょう。単位はなんでもいいです。例えば、

お菓子は 10 メケ。
絵本は、5メケ。
(メケは適当につけた単位です。)

みたいに親がよいと思う値付けをしてしまうというのもアリですね。

お小遣い帳の導入

中世のイタリアの商人たちは、自分たちの子供に帳簿の書き方を一生懸命教えたそうです。
自分がいくら使っているか、いくら持っているかが正確にわからない状態では、金銭感覚はつきません。

お金の管理がきちんとできるようにお小遣い帳をつけさせましょう。
算数や文字を勉強する理由にもなります。

まとめ

まとめます。

・お金の本質は「ありがとう」の交換。
・読むことと数えることができたら始めてみる。
・家庭内通貨で調整する。
・お小遣い帳をつけることで管理することを覚える。

いかがだったでしょうか?
子供によい金銭感覚をつけてあげたいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る