天海祐希に逮捕の噂は本当か!?病気の原因に実は意外な関係が!?

元宝塚歌劇団月組トップスターで、現在は女優として大活躍されている天海祐希さん。
あの美貌で今年50歳を迎えられるというから驚きです。
そんな天海祐希さんに、なんと逮捕の噂が出ているというのです。本当なのでしょうか。

噂の出所

噂の出どころは、2016年6月30日『東スポ』が報じた薬物逮捕予定者に関する記事です。
記事には、「のりピー、ASKA、清原以上 一度も噂になったことがないA」「超超超大物女優」が薬物捜査の次なる標的だと書かれています。

麻取の地道な捜査に超大物女優Aの名前が引っかかった。逮捕となれば芸能界どころか日本中に激震が走る。

今度は高知容疑者を徹底的に調べ上げた。すると…大物女優Aが浮上。鍵を握っていたのは高知容疑者の“親友”で、覚醒剤での逮捕歴がある会社経営者Xだった。

「Xは五十川のルートとは違うが、闇勢力にも精通している人物。高知とXが“シャブ友”だった可能性もゼロではない。このXはスポーツ界、政財界、芸能界など多岐にわたる人脈があり顔が広い。もちろんAのこともよく知っている。高知の逮捕で自分にも捜査の手が及ばないか恐れている人間は多いと思う」(同関係者)
出典: www.tokyo-sports.co.jp

Aが仮に名前通りのイニシャルだと考えると、超超超大物女優Aに当てはまるのは新垣結衣、有村架純、浅野温子、天海祐希・・・と考えらます。
その中で、天海祐希に疑惑が向けられたのは、彼女の過去の恋人が関係していそうです。
天海祐希さんの熱愛遍歴を見ていきましょう。

天海祐希さんの熱愛遍歴

吉川晃司さん

NewImage
出典: c.okmusic.jp

天海さんの熱愛と言えば、まずこの人でしょう。吉川さんとの交際は、天海さん自身が認める発言をしています。

天海といえば、03年に歌手・吉川晃司(51)との熱愛が発覚、交際宣言も飛び出したものだった。スポーツ紙デスクが続ける。

「天海も乗り気で『侍のような人』と称し、吉川も両親に挨拶を済ませ、結婚秒読みでした。ところが2人の知人の冠婚葬祭を巡り、天海が事務所側の意向もあって仕事を優先させたことで亀裂が生じ、3年ほどで終止符となった」

引用:芸能界「結婚しない女たち」のオフレコ“オトコ事情”(1)天海祐希は“生涯独身”宣言

佐々木蔵之介さん

NewImage
出典: img.eiga.k-img.com

吉川晃司と二股していたのではと記事になっていました。しかし、バラエティ番組で佐々木蔵之介氏が完全否定していますから、真実はどうなのでしょうか。

真田広之さん

NewImage
出典: www.axonentertainment.co.jp

2人は天海祐希さんが宝塚歌劇団に所属していた時からの仲で、天海さんは妹分のような存在とも言われています。交際報道が出たときは、双方の事務所から否定コメントが出されていますので、こちらも信ぴょう性にかけます。

いよいよ問題になる過去の恋人の登場です。

ASKA(CHAGE&ASKA)

NewImage
出典: gossip1.net

1994年、女性週刊誌がASKA容疑者と天海の不倫をスクープしました。

「天海は自他ともに認めるチャゲアスの大ファン。最初は追っかけ的存在だった。手料理をチャゲアスの楽屋に届けたり、自分のコンサートでチャゲアスの曲を歌ったり、舞台に招待したりしてもいた。そのうち女好きで知られるASKAが熱くなり、親密関係に発展。東京・赤坂の高級韓国料理店で密会を続けていたことや、ASKAが仲間内で天海を『僕の彼女』と紹介していることがバレてしまった。報道された途端、ASKAは単なる友人と突っぱね、関係を一方的に打ち切り、天海の心に深い傷を残した。いまだに結婚できないのもそのせいかも」(芸能レポーター)

2014年の逮捕で、明るみになったASKAの薬物セックスに溺れていた過去。そんなASKAと不倫関係があったとなると、疑惑の目が向けられても仕方ないかもしれません。

病気との関係は!?

天海祐希さん、実はある病気になり、それが薬物疑惑に拍車をかけたようなのです。

所属事務所によると、天海は終演後、「体がだるい」と訴え、自力で歩いてマネージャーの車で病院へ向かった。自覚症状はなく、その間も、いつもと変わった様子はなかったという。「1週間から10日の安静治療を要する」と診断されてそのまま入院。投薬治療を行うという。

出典:https://dot.asahi.com

天海さんの心筋梗塞の原因が、薬物によるのではないかと噂されたようです。ただ、彼女心筋梗塞を薬物疑惑に結び付けるのは、無理があるように思います。

天海祐希さんの人柄

しかし、根強い人気を誇り、クリーンなイメージを持っている天海祐希さんが、取り返しのつかない薬物に手を染めるのでしょうか。
『恋妻家宮本』の撮影現場で、脚本家 遊川和彦氏の怒号が響きわたる中、天海祐希さんの人柄が表れるエピソードがあります。

「みんなに厳しい指導をしていましたが、とくに若手俳優の入江甚儀さん(23才)と早見あかりさん(21才)には細かい具体的な指導をしていました。最初は普通の口調だけど、ミスを繰り返すと徐々にスパルタになる。“そこは違うだろ! 何度言えばわかるんだ!”と厳しい言葉を浴びせることもありました」(撮影スタッフ)

 作品に命をかけるがゆえの愛のムチだったが、若手世代にはうまく伝わらない場面もあったという。

「2人とも遊川さんに怒鳴られると呆然とした雰囲気で…。なぜ自分が怒られているのかがわからないといった様子でした」(前出・スタッフ)

 見かねて立ち上がったのが天海だった。

「2人に対し、“監督はあなたが憎くて怒っているんじゃないの”と話しかけていました。“力があるのに出し切れてないことを指摘しているの。指導してもらえるのはありがたいことよ”って」(別のスタッフ)

 監督が何を求めているのかを丁寧に説明した後、天海は若手2人にこう“喝”を入れたという。

「悔しいと思うならその怒りを表現して! 今のままじゃ何も進まないわよ」

 天海の言葉に若手は奮起。心を入れ替えたかのように、以後は監督を恐れずに体当たりの演技をするようになったそうだ。

「早見さんは撮了後、遊川さんから“いい目になった”とほめられ、今度は嬉し涙を流していました。天海さんに感謝していましたね」(前出・別のスタッフ)

出典: evianwideshow.net

天海さんの強さの中に愛情と優しさがあふれる人柄がうかがえます。このような人が薬物に手を染めるとは考えにくいですが、過去の恋人のことを考えると少しグレーな感じもしてきます。しかし、彼女のイメージ通り白であることを祈り、今後の活躍を期待したいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る